はじめに

アングラに生きる者にとって、落としたファイルをどう保管するかは重要な問題であった。今でこそ、テラクラスのハードディスクが1万を切る価格で買えるが、アングラサイトというジャンルが存在した2000年前後は、HDDの価格はまだ高く、40Gで7、8万円でした時代であった。(しかも、当時自分が使っていたPower Machintosh 7300は、SCSI接続でIDE接続のHDDよりも割高だった)CD-Rも10枚で1230円ぐらいだった。しかも、CD-Rの書き込み自体、今ほど安定しておらず、20枚に1枚の割合で書き損じが発生するのであった。そうなると当然そのCDは使いものにならない。また、相性の問題もあって、ちゃんと書き込めて読み込むこともできたのに、別の環境では認識しないということが、国産でさえよくあった。

しかし、台湾製は安い。1枚50円を切る価格で売られていた。で、安い台湾製のCD-Rを買って失敗する人が続出。中でもプリンコというメーカーのCD-Rはすぐ消えるということで有名だった。こんなことだから、CD-Rだけで話題が成り立つサイトも多かった。

例:CD-Rの社

中には、そういったメディアを集めるのが目的になっている人も・・・。

また、パソコンでは問題なく使えても、音楽CDプレイヤーやゲーム機で読み込ませると認識まで時間がかかったり、音楽CDなら音飛び、ゲーム機ならムービーシーンでブロックノイズ出まくりという事がよくあり、国産、台湾製問わず発生していたので色々なメディアを吟味するということはよくあった。

CD-Rの種類

CD-Rの種類は大きく分けて3種類あった。分類は耐光剤の色素による。メーカーによって記録面の色が異なるので結構面白かった。

アゾ系
三菱化学(現バーベイタム)のみ使っていた。裏面が濃紫色になるのが特徴的。読み取り性能は最も悪いが、耐久性がよかった。昔からシンガポール製。
シアニン系
CD-Rではもっともメジャー。太陽誘電、TDK、富士フィルム、マクセルなどの国産メーカーの大半はこれを使っていた。最もCD-Rっぽい色である。太陽誘電は昔からミント色だが、OEMを受ける前のTDkは深い青色、富士フィルムは緑色、マクセルは青緑色だった。
フタロシアニン系
フタロシアニンそのものが耐光性があり上の2つのように耐光剤がいらないことから台湾系メディアでよく使われた。日本のメーカーでは、三井化学、メモレックス・テレックス、リコーが有名。一時期マクセルも出していたが、とんでもない不良品がでたことで回収騒ぎになった。この他、台湾メーカーの粗悪品の影響でイメージは悪い。しかし、フタロシアニンの名誉のために言うと、反射率が高く、読み取り性能が最もよい。記録面の色は、どのメーカーも金色や銀色であり、いわゆるCD-Rっぽさがない。(後期のものは、うっすら緑味を帯びた銀色だった気がする)

台湾メーカー

台湾のメディアはとにかく粗悪品が多かった。(ただし、ライテックを除く)まず、まともに焼けない。書き込みの途中でエラーが発生してしまう。酷いのになると裏面を見ると耐光剤がムラになっているメディアもあった。で、やたらとレーベル面が薄い。電灯で透かしただけで光が漏れてしまう。これじゃあ、すぐに消えちゃうよな。酷いのになるとマジックでCD-Rの名前をレーベル面に記入するとそのインクが裏側の記録面までしみて使えなくなるといったものもあった。

これが原因からか、ヘビーなCD-R使いは、決して記録面の部分にメディアの内容を書かずに、内側の穴の近くにタイトルを記入するという人もいた。もちろん、国内のメディアではこんなことは起きない。

言うまでもなく国産メーカーのパチものもあった。(主に同じフタロシアニンを使う、三井化学などが多かった気がする)

なお、国産メーカーだからといって安心はできない。有名ブランドでも生産元が台湾ということもよくあった。自分はよくみずにONKYO製のCD-Rを買ったところ台湾製だったことにあとで気づいて、レーベル面の薄さにorz状態になった。

あと、こういうパターンもある。秋葉原の店先で、「なんと記録面が銀色」というキャッチフレーズで売られていたMaxMediaというメーカー製のCD-Rが10枚500円で売られていて、ついつい買ってしまった。家に帰って開けてびっくり玉手箱。ええ。たしかに記録面が銀色のメディアいましたよ。それはそれは、CDを持つ手が透けて見えるくらい薄い紙のようなメディアでしたよ!!

幻の金のメディア

都市伝説と言わんばかりに金のメディアがあるという話題があった。しかし、これは不思議なことでもなく、初期のCD-Rメディアは本当に金を使っていた。CD-Rの価格が10枚1300円ぐらいになった頃からコスト削減のためか、ほとんど銀になった。しかし、2000年になっても金を使っていると言われたメディアがあった。それが三井化学のメディアである。三井化学は、国産メーカーでありながら、フタロシアニンにこだわったメーカーである。フタロシアニンの高反射率がCDプレイヤーと相性がよく、自分もよく音楽用途はフタロシアニン採用メディアと決めていた。

その三井化学製メディアのうち、GOLDのつくメディアは記録面に金を使っていると話題になりプレミアが付いた。自分も買ったことがあるが、国産CD-R10 枚が1000円を切る価格だった時代にもかかわらず1枚350円と高価であった。真相はよくわからない。別のソースで、もう2001年の時点で国産のCD-Rでは金を使っていないという報告もあるし。

蛇足だが、音楽CDを焼く場合メディアによって音質が変化すると言うが、読み取り性能の差はあれど、実際聞こえてくる音が変わるものなのだろうか?

80分メディア

90年代末期のCD-Rは最大容量が650Mというものが主流で今の80分メディアはなかった。ところが、秋葉原のあきばおー(だっけ)で唐突に79分メディアが売られていた。確か、980円だったと思う。メーカーはメディアサービスだったかな?よく覚えていない。真っ白なケースに真っ白なディスクが入っていて、裏面はTDKと同じ青色。とにかく謎のメディアだった。これは、74分を超えるCDのコピーに重宝した。今考えても高い・・・。

御世辞にも品質はいいものではなく、4年ぐらいで外周部のレーベル面が剥離し始め、肝心の74分よりも外周部の部分が聞けなくなってしまった。

80分メディアが一般化するのは2003年ぐらいになってからである。

CD-Rを使いこなせ!

CD-Rはまっ更なブランクディスクと考えがちだが、実際は先頭の領域にメーカーの名前や記録できる座標などが記載されており、これを読んで何倍速で焼くかを判断する。これにはディスクの最大容量のバイト数の情報も含まれているため、同じ650Mのメディアでも実際はそれよりも多く焼けることが多かった。例えば、TDKの場合650Mのメディアで実際は658M焼くことができる。たった8Mといっても侮る事なかれ。スーファミのROMが2つ余計に入れることができる容量なのである。

丸くないメディア

いわゆる、イロモノメディア。2000年に入ったあたりか、星型のメディアや、ハート型のメディアが売られていた。丸くないので、窪んでいる分だけ容量が少ない。確か、8センチメディアと同じ容量だと思う。(最も8センチメディア自体あまり見かけなかったが)丸くないので、ドライブに入れて回転させると、重心が安定せずブレるため当然ドライブに悪い。

ハート型メディアには、「大切な人へのプレゼントにどうぞ」というキャッチコピーで売られていたが、こんなドライブクラッシャーなメディア誰が買うのだろうか?

  • akiba PCホットラインの画像

なお、今でも生き残っている丸くないメディアがある。それは名刺型メディアである。名刺がわりに渡すというコンセプトで、100円ショップなどで見かけることができるだろう。

未確認ながら、見た目は12cmメディアと同じだが、8センチ部分までしかレーベル面がなく、外側が透明のメディアも売られていたようである。

三菱化学のメディア

CD-R黎明期からずっと独自の道を歩いていたのが、三菱のメディアである。アゾ系色素を使っていた唯一のメーカーだからである。記録面が深い青紫であり、とにかく他のメディアと比較して色が濃い。ご存知のとおり、PSのメディアの記録面は黒い。このことから、PSのバックアップCDように向いているかと思いきや、アゾ系色素の反射率の低さが災いしてか読み取り性能が悪かった。

音楽CDとして使おうにもやはり読み取りが悪く、自分はパソコン用途限定で使っていた。しかし、2003年頃から状況が変わりだす。「音楽に最適化」というコンセプトのメディアや、低速ドライブ向けのメディアが発売された。2003年は急速にCD-Rドライブの高速化が進んだ時期である。このころのメディアはたしかに読み取り性能がよかった。一般的に、CD-Rの書き込み速度の高速化と、耐光性の問題はトレード・オフの関係である。書き込み速度が早くなれば早くなるほど面積あたりの光の量は減ってしまうため、高速対応のメディアであれば高速であるほど耐光性は落ちる。

あと、風変わりなメディアを出すメーカーでもある。この他にキネアールと呼ばれるキネマ用のフィルムをあしらったデザインのDVD-Rを出していた。特徴的なのは、ただそういうプリントがされているだけでなく、フォノアールならば、レコードの表面のぎざぎざまでしっかり、再現してある凝りようだ。隠れたファンも多いのではないだろうか?

なお、DVD-Rではどのメーカーの色素もアゾ系を使用している。三菱化学はCD-R黎明期からアゾ系を使用しているので、それだけ信頼度は高いとおもうのは自分だけだろうか。

PSに最適なバックアップ用メディアは?

PSの場合、とにかくメディアを選んだ。PSのメディアは、裏面が黒いことから(正確には濃い青紫)三菱製メディアがいいと思いきや、やはり読み取り性能が悪く殆ど使われなかった。国産メディアも、TDK製とは相性がよく発生した。また、一見ちゃんと読み取れているようでも、ムービーでブロックノイズが出まくることはよくあった。技術的な話をすると、PSはファイルシステムこそ一般的なISO9660だが、フォーマットがPCで一般的に使われるCD-ROM Mode1ではなく、CD-XAという容量は多いもののエラー補正機能が弱い形式が使われていた。このため、ストリーム形式で再生される動画で問題が発生したと考えられる。

結論から言うと、音楽CDと同じように、フタロシアニン製メディアがよかったと思う。(下手をすれば台湾製のほうが安定していたことも)