昔、HDLWikiModChipのコンテンツ作ったときに、そこの住民から注意されたので、自サイトに移動してみる。

現在、コンテンツの再構築をプランニング中。

改造に関する情報と、ModChipに関する情報などにページ分割する予定。

スレッド

過去ログ

PS2用ModChip

PS2を改造してハードウェアレベルでオリジナルソフトを走らせたり、バックアップを動かしたり、HDDを認識させたりするための改造チップです。

Chip無効化機能がたいていのModChipにはついているため、PSでいうRHPのようなものに悩まされる心配はありません。

長所
  • ソフトが走らせるのに、ディスクを入れ替えたりする必要がない
  • チップによってはファームウェアアップデートでさらなる機能追加されるかも
  • PAR等の改造コードをModChip上から実行できる
  • PAR、HDLoader、SwapMagicを買いそろえることを考えれば、安価に同等の機能を備えられる上に起動率が高い
  • っていうか、HDLoader自体、DMS?で作られたようなモンだし
  • 自分だけのPS2を作ることができる
短所
  • シールをはがして本体をあけなければならない。当然保証を受けられなくなる
  • 0.5mmピッチ以下のパターンやIC足配線しなければならない。(DMS4 E.Z.I.をのぞく)
  • しくじると、当然PS2あぼ~んの可能性大の諸刃の剣
  • 素人にはオススメできない

チップ等を取り付ける際の注意事項

  • はんだごては必ずセラミックの20W程度の物を使う(使う前に十分半田をゴテ慣らすこと)
  • 線は0.26mmの物を使う(それ以外は複列配線がやりにくい)
  • 事前にペーストや吸い取り線を買っておく。
  • 配膳前に線を切って綺麗に仮配線と予備半田をしておく。

トラブルシューティング

画面が暗くなったままで起動しない
BIOSの配線と3.3V・GNDを要確認。
規格外の画面が出て起動しない
DSPと3.3V・GNDを要確認。
PS1ゲームが起動しない
→SCEXの配線を要確認。
V9/V10の突然死対策
V9/V10で、LA6508というコントローラチップが突然死する恐れがある。2つのコイル抵抗を測って4.9Ω前後なら大丈夫だが、もし小さかったら、
http://romeo.altervista.org/
を参考にしてRomeo-Fixするべし(抵抗を測る場所も載っている)。ピンを浮かす必要があるので注意して作業すること。
V12での突然死対策
  • Matrix-Fix
    基盤にダイオード数個を取り付けることで、ピックアップに急激な電圧が加わるのを軽減する。参照:

    PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #u2b() is not implemented.

  • PIC12C508
    ピックアップに加わる電圧を常時監視し、急激な電圧が加わった時にPS2の電源を落とす。

なお、最近のModChip販売元では、上記のピックアップ故障対策パーツが一緒に売られてたりする場合が多いので一緒に購入するのもいいかと

改造例

ダメな改造例

正しい改造例

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #u2b() is not implemented.

薄型PS2分解

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #u2b() is not implemented.

PS2修理サイト

そのほか、改造PS2を取り扱ったサイト

コメント

No comment. Comments/ゲーム機改造/PS2?