Matrix Fix

http://www.infinitymod.com/cgi-bin/matrix/site.pl?page=laserv12の日本語訳です。

私たちは、以前からCD/DVDバスに使われているあるピンが、V12基盤におけるレンズ突然死を招くという噂を聞いていました。このドキュメントでは、「ハードウェア設計者が適切に仕様書を読まず」に「ありえない設計ミス!」をしているであと主張します。

おそらく、最初に仕様書を全然読んでなかった人だと思います。ほとんどの装置のデーターシートでは、直流電圧特性にVOH(最大出力電圧)と呼ばれるフィールドがあります。APAとEXデバイスがあるか、データーシートをチェックすることで、APA07が流しうる出力が容易にわかります。EX256では、規定値として3つ存在します。言い換えると、APA075素子の1本の出力ピンが、このEX256側のものと同等の値を出力できると言うことになります。EX256は、出力電圧を保持し続けます。

apaexcmp.gif

したがって、EX256では、各出力信号を操作するのに4つのピンしか使用していません。2つのピンでパッチするという技法で、過負荷を止めることができます。

間違った確信は、おそらく事実からきています。ある古いXilinx製のCPLDを使ったModChipでは、オーバードライブに十分でなかったわずかに4mA(APAデバイスのうちの1/6)の出力電流仕様を持っていたという事実から来ます。したがって、BIOS/DVDバスの出力電流を2倍の8mAまでにするために2本のピンをともに接続する必要であるとおもいます。