必要なもの

もしくは、

(パス:www.hacken.cc)

Homebrew channelと Bootmiiのインストール

  1. BootMiiから、最新版のHackMiiをダウンロードし、SDカードのルートに解凍する。
  2. Wiiから、SDカードを選択する。すると、Load boot.dol/elf?というダイアログが出るので、Yesを選択する
  3. 15~30秒ほどでHackMiiが起動する。
  4. ここから、Homebrew Channel(必須)、DVDX(オプション)、Bootmii(必須。可能であればboot2)がインストールできる。

Wiiのアップグレード

必要なもの
  1. Homebrew Channel(以下HBC)からWAD Manager 1.5を起動する。
  2. 十字キーでIOS36を選択する。(おそらくデフォルト値)
  3. Aボタンを押して、次の画面でNAND emulator disabledを選択
  4. リストからIOS70-64-v6687.wadと、System Menu-NUS-v480.wadをインストール。この作業で、35の異なるIOSのファイルと、Shopping Channel-NUS-v18.wad がインストールされる。

NANDバックアップ

  1. bootmiiがboot2にインストールされている場合はWii起動時、IOSにインストールされている場合はHomebrew ChannelでHomeボタンを押してHBC & clicking Launch Bootmiiを選択し、bootmiiを起動する
  2. 画面が切り替わったら、電源ボタンを3回押してリセットボタンを押す。
  3. もう一度リセットボタンを押して、make your NAND backupを実行する。エラーは気にしなくてもよい。
  4. SDカードのbootmiiフォルダに、NAND.binと、keys.binがバックアップされる。

Trucha Bug Restorer(TBR)で余計なファイルを削除

  1. HBCからTrucha Bug Restorerを起動する。
  2. Bボタンを押してNo IOS Reloadを選択する。
  3. 1ボタンを押す
  4. Downgrade IOS15を選択し、Aボタンでダウングレードを実行する]
  5. TBRを起動する
  6. IOS15を十字キーで選択し、Aボタンを押す
  7. 1ボタンを押す
  8. IOS36 menuを選択し、Aボタンで設定する。内容は以下の通り:
    Install IOS to slot (36)
    Hash check (trucha) YES
    ES_Identity YES
    NAND Permissions YES
  9. install patched IOS36を選択してAボタン
  10. TBRを起動する
  11. IOS36を十字キーで選択し、Aボタン
  12. 1ボタンを押す
  13. restore IOS15を選択し、Aボタン

不要なIOSファイルを削除

  1. AnyTitle Deleter MODを、HBCから起動する。
  2. IOS36を選択し、Aボタン
  3. System Titlesを選択してAボタン
  4. 以下の項目を選択し、Aボタンで削除:
    • IOS222
    • IOS223
    • IOS249
    • IOS250

カスタムIOSのインストールシステムメニューIOSのパッチ

必要なもの:
いずれも、SDカードのWADフォルダに入れる。
  • cIOS202[38+60]-v4.wad
  • cIOS222[38]-v4.wad
  • cIOS223[38+37]-v4.wad
  • cIOS249-v14.wadもしくは、cIOS249-v15.wad
  • cIOS250-v14.wadもしくは、cIOS250-v15.wad
  • IOS70-64-v6687[TB+ES_diV+NAND].wad
  1. WAD Manager 1.5をHBCから起動する
  2. IOS36を選択する
  3. NAND emulator disabled
  4. open from SD slotを選択
  5. 上記のWADファイルをインストール

システムメニューハックの有効化

スタブ

参考