ModChip

PSP

PSPのModChipは、他のゲーム機のModChipとは事情が異なる。大半のModChipの目的は、バックアップしたディスクから起動するというものだ。しかし、PSPの場合、UMDという独自規格を使っているため、原理的にUMDのバックアップは不可能である

・・・はずだが、PSP発表直後にファームウェアの脆弱性をついて、UMDのデータをメモリースティックに移す事ができ、メモリースティックから起動できることがすぐに発見された。すぐに対策が取られ、おそらくゲーム配信のための仕様であったであろう、メモリースティックからのプログラム実行はできなくなった。有名なTIFFの脆弱性をついた実行や、セーブデーターの脆弱性をついた実行方法などが立案されたが、いずれも、すぐに対策ファームウェアが現れ、事実上2.6以上のファームウェアで、自作ソフトを走らせる方法は無くなってしまった。

しかしながら、2.71で再びTIFFの脆弱性が発見され、これにより1.5へダウングレードが可能になった。また、ファームウェアそのものの解析が進み、1.5相当のファームウェアのカーネルでソフトを走らせることが可能になった。

Dark_Alex氏により、3.10 OE-A'のような表記のサードパーティー製ファームウェアが発表され、現在では最新機種においてもサードパーティー製ファームウェアへの書き換えが可能になっているようである。(もちろん、自作ソフトが走る)Yahoo! Auctionなどで出されている1.5~3.10対応という表記は、このファームウェアを入れていることによる。

ゲーム機改造/PSP/ファームウェア

改造動画

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #u2b() is not implemented.

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #u2b() is not implemented.

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #u2b() is not implemented.